【CBDの効果を感じない!】高いお金を払ってまで本当に続ける意味あるの?

cbd-oil-g854e5eeb7_1920 (2)CBD

近年、CBDの効果が注目をあび、医療の現場だけではなく、日常生活に取り入れる人も増えてきました。

日常生活でCBDを摂取している人は、次のような効果を期待しているのではないでしょうか?

多くの人がCBDに期待する効果
  • ストレスの緩和
  • 気分を落ち着かせる
  • 睡眠の質を上げる
  • アンチエイジング、美肌効果(抗酸化作用) など

しかし、なかなか効果を感じることができないという人もいます。CBD製品は価格も決して安くはないため、効果がない場合、継続が苦しくなってしまいますよね。

そんな方のために、本記事では、CBDの効果をなかなか感じられない理由と対処法を説明します。

CBDの効果を感じられない原因と対処法

CBDの効果が感じられない主な原因は次のとおりです。

  1. 適量ではなかった
  2. 効果を期待しすぎていた
  3. 継続していなかった
  4. 粗悪品を使っていた

適量ではなかった

CBD製品には、製品ラベルに使用目安が記載されたものがあります。

しかし、CBDの効果は個人差があり、必ずしも使用目安が適量であるとは限りません。

そんな方は、

  • 摂取量を徐々に増やす
  • 今よりも高い濃度のCBD製品を使う

といった方法をとってみてください。ただし、摂取の量を増やす際は、一気に増やすのではなく、徐々に増やすようにして調整するようにしましょう。

効果を期待しすぎていた

CBDを摂取したら、すぐに効果を実感できると期待される方も多いと思います。

確かに、何かしらの疾患がある方は、それ以外の方に比べて、すぐに効果を実感できることが分かっています。しかし、健康な方の場合、すぐに大きな変化を感じることは難しいです。

また、CBDの原材料は大麻草やヘンプであるため、違法成分である「THC」のように、陶酔効果をイメージされる方もいますが、CBDに陶酔効果はありません。

もちろん効果が感じられないからといって、効果がないわけではありません。毎日継続していくことで、ふんわりと効果が出てくるというくらいの認識で続けてみましょう。

継続していない

CBDを使い始めてから効果が出るまでの時間にも個人差があります。

CBDの効果はECS(エンドカンナビノイドシステム)という人体の機能が改善されることにより生まれます(ECSについては下記の記事で説明しています)。

ECSは年齢や健康状態などで個人差があり、もともと健全なECSを持っている方は短期間で効果を実感できないと思います。

もちろんCBDには、他にもセロトニンの利用率を高めるといった作用もあり、ECSが効果のすべてではありません。

毎日摂取することを習慣化して、2週間~1カ月は継続して摂取してみてください。

粗悪品を使っていた

近年ブームになっているCBDですが、まだ市場が新しく世間一般の知識が少ないのが現状です。

そのような製品には、市場のライバルや人々の知識が少ないことを利用して、低品質にもかかわらず高価格な粗悪品を販売する業者が出てきます。

CBDの成分自体が入っていないにも関わらず、CBDをうたっている製品もあるかもしれません。

そのため、購入したことのないブランドの場合は、ある程度事前のリサーチが必要となります。

事前リサーチで確認すること
  • 製品又はブランド(メーカー)の公式サイトは存在するかを確認
  • 原材料の生産国及び製造国はどこか
  • メーカーは公的機関による認証を受けているか
  • HPの商品説明欄(又は製品ラベル)の内容量にCBDの記載はあるか
  • 口コミやレビュー記事などの評価           など

CBD製品選びに迷ったら

CBDに高い効果を期待する場合は、信頼性の高い大手ブランドの製品を購入すれば問題ないでしょう。

大手ブランドの場合、製品ごとのHPが設けられており、公的機関から各種認証も多く受けています。加えて、生産国や製造国、品質管理等もしっかり記載されています。

大手ブランド以外の製品であっても、リサーチの上、問題ないと判断できれば購入もアリでしょう。

以下、私がコスパと効果の観点からオススメしたいアザレアのCBDオイルのレビュー記事です

【最後に】それでもCBDの効果を感じないなら

どうしてもCBDの効果を実感できない方は、まずは生活全体を振り返ってみましょう。

CBDを取り入れる前には感じなかった心地を感じたり、仕事のパフォーマンスが上がっていれば、それはCBDを続けている成果かもしれません。

また、繰り返しになりますが、CBDの効果はすぐに感じられるというものでもありません。しかし、せっかく始めたCBDを辞めてしまうのも、個人的にはもったいないと思います。

まずは長期間継続してみてから、それから結論を出しても遅くはないはずです。もちろん、決して安い買い物ではありませんが、それだけの価値は必ずあります。

是非、本記事を参考にして、自分に合ったCBD製品を見つけてください。

Profile
この記事を書いた人
たむ

幼い頃から、深く考え込んでしまう性格で、大人になった今でも生きずらさを感じていました。「HSP」という気質を知ってから、自分と当てはまる部分が多いと知り、HSPとの上手な共生方法を模索して実践しています。試してよかったことなどを中心に、本サイトで共有します。

たむをフォローする
CBD
この記事をシェアする
たむをフォローする
Indoor Life

記事への感想をお寄せください

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました