CBDを摂取するとキマったりハイになる?即効性を求めるならベイプタイプがおすすめ

CBDベポライザーCBD

最近、CBD(カンナビジオール)という成分が話題を集めてますよね。

多くのCBD製品がネットなどで販売されており、誰でも簡単に購入できるようになりました。

CBDは原料が大麻草だから、キマッたりハイになって気分よくなれるの?

このような疑問をお持ちの方も多いでしょう。

本記事では、CBD製品を摂取することでハイになったり、キマるのかといった点について解説します。

CBDでは「キマらない」が、リラックス効果がある

CBD製品を持つ人

結論から言うと、CBDに陶酔作用はなく、いわゆる「キマる」や「ハイになる」といった効果はありません。

CBDにハイになる効果を求めていた人にとっては残念な回答でしょうか。

しかし、CBDは体のあらゆる過剰反応を抑えるという働きがあり、リラックス効果をはじめ、様々な健康効果があると言われています。

CBDの主な効果
  • ストレスの緩和
  • 気分を落ち着かせる
  • 睡眠の質を上げる
  • アンチエイジング、美肌効果(抗酸化作用)

タバコやお酒のような嗜好品というよりは、ヘルスケア的な位置づけで習慣にしている人が多いです。

即効性を求めるならベイプ製品がおすすめ

2つのCBDベポライザー

CBD製品にはオイル、グミ、ベイプ(電子タバコのように吸引するもの)など口から摂取するものもあれば、ローションやクリームのように、皮ふに塗るものもあります。

ハイにはなりませんが、効果を実感したいという方は、即効性が高いベイプタイプの製品がおすすめです。

「キマる!」ということはないが、即効性が高く効果を実感しやすい

ベイプタイプの製品は、CBDが含まれた固形や液体を機材の熱で気化して吸引して使います。

消化管ではなく気管を経由してCBDが運ばれるため、より早く血液に到達し、即効性が高くなります。

そのため、効果が実感しやすいく、いわゆる「体感」を求める方にはピッタリです。

タバコをやめたい時なんかに、ベイプタイプのCBD製品を代用品として使う人も多いそうです。

ベイプタイプの製品はさらに3タイプに分けられる

ベイプタイプの製品には、

  • 吸い切りタイプ → 使い捨てタイプ
  • リキッドタイプ → 交換用の液体をベイプ機材に入れて気化するもの
  • シャッタータイプ → 交換用の固形を入れてベイプ機材に入れて気化するもの

などがあります。

吸い切りタイプは、機材のメンテナンスが不要ですが、コスパは良くないでしょう。

一方で、リキッドタイプやシャッタータイプは機材のメンテナンスが必要ですが、コスパは吸い切りタイプに比べて良いです。

特に、シャッタータイプはCBDの純度が高いため、最もコスパを重視する人にはおすすめできます。

酔いを求めたいならCBDビールなんてのもある!

CBDビール

CBDが注目されるにつれて、CBDを使った様々な商品が誕生しています。

その中には、「CBDビール」といったCBDとビールのコラボ商品もあります。

CBDに酔いを期待していたという方は試す価値ありです。

確かにCBDには陶酔作用こそありませんが、多くの健康効果が分かってきていて、医療の現場でも活躍している成分です。

使用を断念せずに、CBDビールから試してはいかがでしょうか?

まだ、日本では知らない人も多いと思うので、おしゃれで変わったプレゼントとして贈るのもビール好きにはたまらないと思います!

CBDの違法性や危険性について

日本において、CBDの販売や使用は認められており、違法ではありません。

また、依存性等も確認されない旨、WHOが公的見解として発表しています。

CBDの違法性や危険性については、下記の記事で詳しく解説しているので、気になる方は参考にしてください。

Profile
この記事を書いた人

幼い頃から、深く考え込んでしまう性格で、大人になった今でも生きずらさを感じていました。「HSP」という気質を知ってから、自分と当てはまる部分が多いと知り、HSPとの上手な共生方法を模索して実践しています。試してよかったことなどを中心に、本サイトで共有します。

たむをフォローする
CBD
この記事をシェアする
たむをフォローする
Indoor Life

記事への感想をお寄せください

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました