YouTubeでお料理動画配信中!

【幸せホルモンがドバドバ!?】HSPがCBDを使うべき理由

cbd-hsp-2CBD

CBD(カンナビジオール)とは、大麻草の一種であるヘンプから抽出される成分です。近年、CBDの人体へのプラス効果が注目を浴びており、CBDを習慣的に摂取している人も増えています。

本記事では、日本で20%はいるとされているHSP(Highly Sensitive Person)がCBDを使うべき理由を解説します

自分はHSPではない思う方も、ストレスを抱えやすい現代社会をより豊かに暮らすために、本記事を参考にしてみてください。

本記事はこんな人におすすめです!

☑自分がHSPだと感じる人

☑ストレスを抱えやすい・疲れやすい人

☑周囲の影響を受けやすい人

HSPとは

HSP(Highly Sensitive Person)とは、外部からの刺激を人一倍受ける「敏感さん」のことです。HSPは音や光、匂いだけでなく、周囲の人の感情や、周囲からの期待に対しても敏感です。

HSPは人間関係で苦労しやすい傾向があります。しかし、感受性が高くアイデアを出したり、共感能力が非常に高いといった長所もあります。自分にとって快適な環境を手に入れたHSPは、成功をおさめる可能性を秘めているとまで言われているのです。

以下のページで自分がHSPであるかどうかを簡単にチェックできます

「HSP診断テスト」を受けてみる

HSPは病気ではなく、先天的な「気質」です。そのため、基本的に治すことはできません。よって、共生することを考える必要があります。

CBDについて

CBD(カンナビジオール)とは、大麻草の一種であるヘンプに含まれる成分です。

大麻と聞いて、安全性や違法性を心配される方も多いと思います。しかし、依存性や有害性は確認されておらず、WHOも認めています。また日本もCBDについては販売や使用を認めており、ネットや店舗で購入することができます。

CBDの効果

CBDには、次のような効果があると言われています。

・ストレスの緩和

・気分を落ち着かせる

・睡眠の質を上げる

・アンチエイジング、美肌効果(抗酸化作用)

上記の他にも、うつ病やてんかん、認知症など様々な精神疾患の予防や改善といった医療効果も確認されています。

HSPはなぜCBDを使うべきなのか

CBDは、ストレスの多い現代人には、誰にでもおすすめできる成分ですが、その中でもHSPの方は特に使ってみる価値があります。

理由① CBDは刺激の過剰反応を抑制してくれるから

CBDの主な効果により、人体に生まれつき備わっている「ECS(エンドカンナビノイドシステム)」という機能を改善することができます。ECSとは、人の「恒常性(状態を一定の状態に保つ性質)」を保つ仕組みのひとつです。

恒常性とは、過剰な反応を適度な反応まで抑制する仕組みです。

適度なストレスは、仕事などで高いパフォーマンスをするために、ある程度は必要です。しかし、過剰なストレス反応は体を疲弊させます。

たむ
たむ

大事な会議の説明の前って緊張しますよね。会議に備えて脳が「戦闘モード」になるように指示をしているからです。上手な説明のためには必要ですが、過剰に戦闘モードになりすぎると疲れてしまいます。

HSPは、音や光、匂いといった刺激だけでなく、人間関係、周りの評価や期待、自分が嫌われていないかといったことにも非常に敏感です。幼いころから、他人と違う自分を無意識に「価値が低い」と思い込んでいる傾向が強く、それを補おうと高い基準を設定してしまっているのです。

より完璧を求めるため、失敗への恐れから、ストレスに対して過剰に脳が反応してしまうのです。先述のとおりHSPは「気質」であり、基本的に治すことはできません。そこでCBDをおすすめしたいのです。

ECSが改善されると、ストレス反応に対して逆の反応を引き起こす神経伝達物質(内因性カンナビノイド)の濃度が高まります。逆の反応を起こすため、ストレスに対する過剰反応に備えることができます。

たむ
たむ

結果、緊張しやすい場面でもリラックスできたり、不安でなかなか眠れない夜も、ぐっすり眠ることができるようになるのです。

理由② CBDはセロトニンの利用効率を高めてくれるから

セロトニンとは、別名「幸せホルモン」と呼ばれ(厳密にいえば、ホルモンではなく神経伝達物質の一種ですが)、セロトニン受容体と結合することで、抗不安作用をもたらします。

CBDはセロトニン受容体と親和性があり、セロトニンの利用効率を高めてくれます。結果、不安感の軽減や高揚感につながります。HSPは、自尊心、自己肯定感が低い傾向があり、自分の行動に不安を覚えやすいため、CBDを摂取することで、自分らしさを取り戻せる可能性を上げることができます。

HSPは居心地のいい環境を作ることが一番大事である

気質が原因で辛い思いをしながら、頑張って仕事や複雑な人間関係を乗り越えている人もたくさんいると思います。しかし、少しでも疲れを緩和できる方法があるなら、進んで取り入れるべきです。幸いにも、今の社会にはその方法がいくつもあります。

日本基準を満たしたLeepのCBDオイルをおすすめしておきます。日本ブランドで安心なだけでなく、他のブランドに比べて低価格で購入できるため、初心者にとっては嬉しいCBDオイルです。

CBDはHSPの人生を大きく好転させる救世主です。生活にCBDを取り入れてみましょう。きっと今までの生活にはなかった気づきや変化が訪れるはずです。

以下、CBDの概要や効果について、本記事以上に詳しく解説していますので、CBDに興味を持たれた方は、是非、読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました