【仕事が辛いなら副業を!】HSPにおすすめの副業7選

パソコンを使って副業をする人HSP

仕事が辛くて困っている方の悩みの解決策として、副業を始めるというものがあります。

副業には、次のようなメリットがあります。

  • 本業のストレスを減らすことができる
  • 一人でも稼げるスキルが身につく
  • 働き方の選択肢が増える

HSPの場合、人間関係で辛さを感じている方も多いと思いますが、副業は一人で働くという選択肢を作ることも可能です。

本記事では、HSPに副業をおすすめする理由やおすすめな副業を紹介します。

HSPに副業をおすすめする理由

疑問

HSPには特に副業をおすすめします。その理由は次のとおりです。

  • 収入源を確保でき、ストレスの少ない本業に切り替えることができる
  • 副業には一人でできるものが多く、人間関係が苦手なHSPでも取り組みやすい
  • 成功すれば、独立につなげることができる

収入源を確保でき、ストレスの少ない本業に切り替えることができる

責任の重い仕事や人間関係が多い仕事ほどストレスがたまりますよね。HSPにとって、そのような仕事は不向きです。

しかし、ストレスを感じやすい仕事ほど給料も高い傾向があるため、無理して辛い仕事を続ける必要がある人も多いでしょう。

もし、副業で収入を確保することができれば、その分、本業の給料が少なくてもカバーすることができます。

つまり、副業収入を得ることで、よりストレスの少ない仕事に切り替えることが可能になるというわけです。

副業には一人でできるものが多く、人間関係が苦手なHSPでも取り組みやすい

副業は一人でできるものが多く、基本的に人間関係を心配しなくて大丈夫です。

むしろ、一人でコツコツ何かをするという能力が高いHSPには、副業は向いているとも言えます。

もちろん、人との関わる副業もありますが、最低限のコミュニケーション能力があれば問題ないでしょう。

成功すれば、独立につなげることができる

多くの方は、生活費を稼ぐために会社で働いているのではないでしょうか?

その場合、自分の生活は会社に依存している状態と言うこともできます。

そのため、どれだけ仕事が辛くても、会社を簡単にやめるわけにもいかないですよね。

しかし、副業の収入が伸びていけば、その依存状態を徐々に解消していくことができます。

もちろん、簡単なことではないですが、最終的には独立できる可能性だってあるわけです。

副業を継続させるためのコツ

ひらめきの電球

始めやすい副業ほどライバルが多いですが、挫折する人も多いです。

よって、いかに継続するかが副業を成功させるためのポイントになります。

興味のある(やりたい)副業を始める

プログラミングに夢中の人

副業を始める場合は、どのような副業があるのかを事前に調べ、必ず興味がある副業を始めましょう。

副業で安定的に収入を得るまでには、長い道のりになる場合がほとんどです。

本業でクタクタになりながら、興味のない副業を続けることがどれだけ難しいかは容易に想像できると思います。

なるべく毎日手を着ける

カレンダーにチェックをつける人

副業の種類にもよりますが、基本的に毎日手をつけるようにしましょう。

本業が忙しい人は毎日副業というのも難しいのも分かります。しかし、少しの時間でも毎日続けることができれば、それが習慣となります。

目標収入の金額にもよりますが、初めはとにかく手を着けることを最優先にして取り組んでみてください。

収入以外の成果も大事にする

様々な指標を俯瞰する人

副業を長く次ぐけていくためには、「前進している」という感覚がとても大事になってきます。

収入だけを成果の指標にしてしまうと、この「前進している」という感覚が得られず挫折してしまいます。

基本的に始めやすい副業であるほどライバルも多いです。そのため、初収入を得るだけでも難しい場合もあります。

副業を始める場合は、収入以外の目標をいくつか設定しておき、それを目指して継続することも大事なポイントです。

食事や睡眠などの生活習慣を乱さない

寝ている人

個人的には、HSPが副業をするうえで、規則正しい生活習慣は最も大事なポイントだと思っています。

副業を長く続けるためには、疲れをためないことやモチベーションの維持が大事です。

ただでさえ疲れがたまりやすいHSPは、本業だけでも疲れ果ててしまう人も多いと思います。

疲れの予防・解消のためには規則正しい食事や睡眠は非常に大切です。必ず、生活の基盤を整えた上で取り組むようにしましょう。

副業をする上での注意点

黒板を指さす手

最初から複数の副業に手を出さない

最初から複数の副業に手を出すのはやめた方がいいです。

収入を生み出すためには時間がかかります。いきなり複数始めてしまうと、収入を得るまでの時間が何倍にもなります。

もちろん、収入源が複数できればそれに越したことはありませんが、2つのことに力を分散させるよりも、一つのことに全力投球した方が、圧倒的に早い成果が期待できます。

副業の種類にもよりますが、費用もその分かかってしまいます。

一つの副業である程度収入が稼げるようになってから、次の副業を検討しましょう。

情報商材や詐欺に注意

短期的な利益を求めて手を出してしまいたくなるのが、ネットに転がっている「簡単に〇〇万円稼げます!」のような情報です。

しかし、簡単に稼げれば、そのような情報は誰にも教えたくないはずです。

そのため、高額を請求してくる情報商材は基本的にスルーしてください。少額でも、財布に支障が出るようなら、それもスルーで大丈夫です。

もちろん、インターネットや書籍を使って勉強をすることは大事です。

ありがたいことに、無料でいろんな情報を提供してくれる人も多いため、なるべくそのような情報を参考にするようにしましょう。

本気で収入を出すためには、どうしても時間がかかるということだけは覚えておいてください。

HSPにおすすめな副業7選

HSPにおすすめ10選の副業を順番に説明していきます。

ブロガー・アフィリエイター(おすすめ度★★★★★)

ブログを打つ人の手

HSPにおすすめな理由:一人でもできる、期限がない
始めやすさ:始めやすい
最初の月額収入目標:1万円~3万円
身につくスキル:ライティング、マーケティング、SEO
必要なもの:パソコン

ブログ(アフィリエイト)は記事に掲載した企業などの広告が製品やサービスの売上につながった時、売上の一部を成果報酬としてもらう副業です。

ブログは初期費用が少なく始めやすいため、特別なスキルを持っていない方には始めやすい副業でしょう。

ただし、それだけライバルも多く、安定した収益を出すために早くても3ヵ月から半年はみた方が良いでしょう。

ブログの始め方
  1. ブログの内容を考える
  2. 有料ブログか無料ブログか決める ⇒ 無料ブログは3,4の手順スキップ
  3. レンタルサーバーと独自ドメインを契約する
  4. WordPressでブログサイトを開設
  5. 記事の執筆開始

Webライター(おすすめ度★★★★★)

記事を書く人の手

HSPにおすすめな理由:一人で作業がメンイ、特別なスキル不要
始めやすさ:普通
最初の月額収入目標:1万円~5万円
身につくスキル:ライティング
必要なもの:パソコン

Webライターは、企業や個人から文章執筆の仕事を請け負い、報酬をもらう副業です。

執筆するものは、ブログ記事、レビュー、商品説明など様々です。

基本的には、インターネットのクラウドソーシングサイトに掲載されている案件に応募し、採用されれば執筆作業にとりかかるという流れです。

クラウドソーシングサイトの代表的なものを上げると、次のようなサイトがあります。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

実績が少ないうちは高単価な案件で採用されることは難しいですが、Webライターの場合、特別なスキルがなくても実績は作れます。

初期の間は、安い単価のものでも積極的に応募し、実績を作っていくことが重要でしょう。

Webライティングの始め方
  1. クラウドソーシングに登録する
  2. プロフィールを書く
  3. サンプル記事(ブログがあれば尚可)を用意する
  4. 案件に応募し、採用される
  5. 発注先のマニュアルや指示通りに執筆する

Webデザイナー(おすすめ度★★)

HSPにおすすめな理由:一人作業がメンイ、案件の報酬が高い
始めやすさ:実績がない場合は難しい
最初の月額収入目標:5万円~20万円
身につくスキル:コーディング、ホームページ制作、画像加工
必要なもの:パソコン
デザインソフト(illustrator、Photoshopなど)

Webデザイナーの仕事内容の主なものは次の通りです。

  • ホームページ制作
  • 画像加工
  • ロゴ制作
  • バナー制作
  • イラスト制作

副業の場合、上記のような内容の案件をクラウドソーシングサイトから応募し、仕事を請け負うという流れになります。

Webデザインはイラストやプログラミングのスキルが必須のため、未経験の場合、始めるのが難しいと思います。

しかし、HSPにおすすめな仕事で、将来性もあることも事実です。

Webデザインを副業としたい方は、オンラインスクールなどで勉強をするところから考えると良いでしょう。

Webデザインの始め方
  1. デザインソフトを準備
  2. デザインとプログラミングの勉強(独学orオンラインスクール)
  3. ポートフォリオ※(デザイン、HP等)を作成
  4. クラウドソーシングに登録する
  5. 案件に応募し、採用される
  6. 発注先の指示を受けて制作

ポートフォリオ:実力を証明する作品

Youtuber(おすすめ度★★★)

パソコンのYouTube画面

HSPにおすすめな理由:一人でもできる、需要が大きい
始めやすさ:簡単
初期月額収入目標:0円~20万円
身につくスキル:動画編集、ブランディング、マーケティング
必要なもの:パソコン、動画編集ソフト

Youtuberは、広告主からYoutubeに支払われている広告掲載料を、再生回数に応じてもらうという副業です。

Youtubeは近年、市場が急速に拡大しており、大きな収益が期待できる副業と言えます。

ただし、広告掲載料をもらうためには、次の条件があります。

  • 直近1年の総再生時間が4000時間を超えていること
  • チャンネル登録者数が1000人以上であること
  • 広告掲載にふさわしいコンテンツであること

ブログの広告収入の場合、広告をクリックされれば少額でも収入となりますが、Youtubeの場合、上記を満たさない限り0円です。

始めのうちは、副業の収入は0円でも継続する覚悟が必要になります。

Youtubeの始め方
  1. Youtubeチャンネルを開設
  2. 動画を撮影
  3. 動画を編集
  4. Youtubeにアップロード

動画編集者(おすすめ度★★★★)

動画編集中のパソコン

HSPにおすすめな理由:一人で作業がメンイ、需要が大きい
始めやすさ:普通
初期月額収入目標:5万円~10万円
身につくスキル:動画編集
必要なもの:パソコン、動画編集ソフト

動画編集は、企業や個人から映像素材を受け取り、指示や構成に従って動画を編集する副業です。

Youtubeで動画を出す人が増え、市場規模が拡大したことなどもあり、需要が高く大きな収入が見込める副業と言えます。

ただし、Webライターと同様、高い報酬の案件をもらうためには実績や、ある程度のスキルが求められます。

まずは安い動画編集案件で徐々に実績と経験を積んでいくところから始めましょう。

動画編集の始め方
  1. 動画編集ソフトを導入
  2. クラウドソーシングに登録する
  3. ポートフォリオ※を作成
  4. 案件に応募し、採用される
  5. 発注先の指示を受けて制作

ポートフォリオ:実力を証明する作品

プログラマー(おすすめ度★★)

プログラミング言語が表示されたパソコン

HSPにおすすめな理由:一人で作業がメンイ、案件の報酬が高い
始めやすさ:始めにくい
初期月額収入目標:10万円~30万円
身につくスキル:プログラミング
必要なもの:パソコン

プログラマーの仕事内容の主なものは次の通りです。

  • Webサイトの作成
  • アプリの開発
  • ゲーム制作
  • システム開発
  • 自動化・業務効率化ツール作成
  • AI(人工知能)開発
  • ロボット開発

副業の場合、上記のような内容の案件をクラウドソーシングサイトで応募し、仕事を請け負うという流れになります。

プログラミングは高度な専門スキルを要するため、未経験から始めるにはハードルが高いでしょう。

しかし、市場価値が高く、高単価な案件も多いため、他の副業よりも大きな収入が見込めます。

また、プログラミングで作れるものは幅広く、常に新しいものが生まれているため、スキルが身につけること自体に非常に大きな価値があります。

プログラミングの始め方
  1. プログラミングの勉強(独学orオンラインスクールなど)
  2. ポートフォリオ※(Webサービス、アプリ等)を作成
  3. クラウドソーシングに登録する
  4. 案件に応募し、採用される
  5. 発注先の指示を受けて制作

ポートフォリオ:実力を証明する作品

せどり・物販(おすすめ度★★★★)

オンラインショッピング

HSPにおすすめな理由:一人でもできる、特別なスキル不要
始めやすさ:始めやすいが資金が必要
初期月額収入目標:5万円~20万円
身につくスキル:アマゾン出品、ビジネスの基本(仕入~売上まで)
必要なもの:パソコン、スマホ

せどり・物販は、仕入れた商品を仕入れ額よりも高い値段で販売し、その差額を利益とするビジネスです。

主な仕入先は家電量販店などの小売店(店舗せどり)や、インターネット通販(電脳せどり)などがあります(メーカーや卸業者から直接仕入れる場合は物販になります)。

販路は、ネットの通販サイトであるAmazonが主流ですが、ヤフーショッピングや楽天市場を使用する場合もあります。また、メルカリやヤフオクを使うこともあります。

せどりは、他の副業に比べ、すぐに収入を得ることができる副業と言われています。

ただし、大きな収入を得るためには、資金も必要になってくるため、クレジットカードを利用したり、銀行から融資を受けて行う必要があります。

せどり・物販の始め方
  1. クレカとAmazonセラーアカウントを作成
  2. リサーチ用ツール(keepaなど)の導入
  3. 店舗やネットで商品を仕入れる
  4. Amazon倉庫に納品

最後に

HSPにとって副業は、本業のストレスを和らげると同時に、今後の働き方の選択肢を与えてくれるというメリットがあります。

本業をしながら、副業を継続するのは決して簡単ではありませんが、収入が生まれてくると、気持ち的には余裕が生まれると思います。

最終的には独立したい人にとっても、副業を始めることは良い選択です。

HSPの方が自分にあった副業を見つけるために、本記事が参考になったなら幸いです。

Profile
この記事を書いた人

幼い頃から、深く考え込んでしまう性格で、大人になった今でも生きずらさを感じていました。「HSP」という気質を知ってから、自分と当てはまる部分が多いと知り、HSPとの上手な共生方法を模索して実践しています。試してよかったことなどを中心に、本サイトで共有します。

たむをフォローする
HSP
この記事をシェアする
たむをフォローする
Indoor Life

記事への感想をお寄せください

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました