「責任の重くない仕事」に就きたい人におすすめの仕事5選

頭を抱える男性HSP

責任が重たい仕事に悩んでいませんか?

私は組織での責任の重い仕事に疲れ、休職をした経験があります。

仕事が原因で睡眠障害になったり、食欲不振になったりもしました。今では給料や世間体よりも、健康の方が大事だと心から思っています。

本記事は、少しでも私のようになる人を減らすために、責任の重くない仕事について紹介します。

責任の重くない仕事に就きたいと考えることは悪いことではない

仕事を提示する男性

責任の重くない仕事に就きたいと考えることは悪いことではありません。どんな仕事に就くかは、個人の自由です。

合わないと感じる仕事を続けると、体を壊してしまい、最悪、職を失う人もいます。健康を捨てて責任の重たい仕事を続けても良いことはありません。

もちろん、安定性や将来性を優先するなら、責任の重くない仕事の選択肢はおのずと減るでしょう。

しかし、将来がなくなるわけでもありません。体力が必要であったり、専門的な分野など、誰でもできるような仕事ではない場合は、当然、給料も上がります。

そもそも責任の重くない仕事とは?

クエスチョンマークの上で悩む

責任の重くない仕事とは、自分にとって責任を感じにくい仕事と言い換えることができます。

そのため、責任が重くない仕事を見つけるためには、自分が責任を感じにくい仕事を、ある程度明確にする必要があるというわけです。

多くの人にとって比較的責任を感じにくい仕事は、おおよそ下記の特徴があります。

  1. イレギュラーな対応や突発案件が少ない
  2. マニュアルが整備されている
  3. 会社の売上に直結しない
  4. 業務内容が変わらない
  5. 単純業務

上記に共通して言えるのは、自分の裁量が少なく、ミスをしても他人をまきこむ可能性が低いという点です。

責任の重くない仕事のメリットとデメリット

メリットとデメリット

責任の重くない仕事を探している人は、あらかじめ、メリットとデメリットを理解しておく必要があります。

責任の重くない仕事のメリット
  • 精神的なプレッシャーが少ない
  • 仕事内容が比較的簡単
  • 人間関係に疲れることが少ない
  • 失敗を過剰に恐れずに働ける
責任の重くない仕事のデメリット
  • 誰にでもできる仕事で、他の人でもすぐに代わりが務まる
  • スキルアップができない。自分の成長につながりにくい
  • キャリアアップができないため、給料が安く上がりにくい

自分の判断ではなくマニュアルに従ってする仕事は、慣れてしまえば失敗することも少ないです(失敗したとしても、取り返しがつかないようなことは基本ないため、失敗を恐れることも少ないでしょう)。

しかし、前述の通り、高い給料や今後の成長を望めない傾向が強く、責任の重くない仕事に就きたい人は、上記のデメリットを受け入れるか、専門性がある等、責任の重さ以外の要素が必要な仕事を探す必要があります。

責任を感じにくい仕事がしたい人におすすめの仕事5選

マイペースに仕事をする男性

最初に、どの仕事にも責任がないというわけではないので、そこは念頭に入れておいてください。

ここでは、他の仕事と比べて相対的に責任を感じにくい傾向があると言われている仕事を紹介します。

いずれの仕事も社会に必要な立派な仕事です。是非、参考にしてみてください。

工場のライン作業員

工場で働いている人

工場のライン作業は、マニュアル化されており単純業務です。つまり、覚えることも比較的少なく、自己の判断で仕事をする機会が少ないため、責任を感じにくい仕事と言えるでしょう。

就職した直後に感じる不安やプレッシャーも少ないため、気持ち的には比較的ゆとりをもって仕事ができます。

清掃スタッフ

エアコンフィルターを清掃している人

清掃スタッフは、オフィスビルや商業施設などの清掃を担う仕事です。

清掃スタッフの仕事もマニュアル化されており、それに従って動くため、自己の判断が少ない仕事と言えるでしょう。

清掃スタッフには、室内スタッフと室外スタッフがあります。

  • 室内スタッフ⇒床や壁、天井、ドア、照明や空調などの設備機器、トイレなど
  • 室外スタッフ⇒外壁、窓ガラス、屋上、など

どちらもイレギュラーな対応はあまりないですが、限られた時間内に決められた場所を掃除する必要があります。単純業務をテキパキできるという方におすすめな仕事でしょう。

トラックドライバー

荷物を届けているトラックドライバー

責任を感じやすい仕事の特徴の一つに、人間関係が多いというものがあります。

トラックドライバーは多くの人や企業の荷物を扱うため、責任の重さという点では決して軽くはありませんが、直接人を相手にする場面が他の仕事に比べて少ないです。

また、業務内容が単純で、失敗やミスもあまり恐れず取り組めます。

ただし、長時間の運転や重い荷物の積み下ろしといった点で、他の仕事よりも忍耐力が必要です。

人との関わりは苦手だけど、体力に自信があり運転が苦じゃない人にピッタリな仕事と言えるでしょう。

事務職

パソコンで事務作業をしている男性

事務職の仕事は幅広いですが、書類作成やデータ入力などの一般事務や企業の財務状況の資料を作成する経理事務がイメージしやすいかと思います。

一般事務も経理事務も、突発的な対応が少なく、自己の判断で行う仕事も比較的少ないです。

ただし、経理事務については、ある程度知識や経験が必要で、覚えることも多いです。未経験から始める場合は、一般事務に比べて、失敗やミスも生じやすいでしょう。

また、一般事務の中でも、公務員については、部署によってはイレギュラーな対応や自己の判断で動く必要がある場面が多いです(特に役所の職員は、仕事の分野が幅広く、各分野につき担当が一人なんてことはざらです)。

事務職を探している場合は、詳細な業務内容を前もって調べておく必要があるでしょう。

検針員

検針員

水、電気、ガスは現代社会には人々や会社にとって必要不可欠なものです。

検針員は、水道、電気、ガスなどのメーター(計量器)の使用量を測り、検針票を顧客に渡す仕事です。

担当地域の計量器から使用量をチェックするといった単純業務のため、失敗やミスも起きにくい仕事でしょう。検針票は郵便受け等に入れて渡すため、人との接触も基本的にはありません。

Profile
この記事を書いた人

幼い頃から、深く考え込んでしまう性格で、大人になった今でも生きずらさを感じていました。「HSP」という気質を知ってから、自分と当てはまる部分が多いと知り、HSPとの上手な共生方法を模索して実践しています。試してよかったことなどを中心に、本サイトで共有します。

たむをフォローする
HSP
この記事をシェアする
たむをフォローする
Indoor Life

記事への感想をお寄せください

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました