【年末年始前に本気で考えてみた】旅行や帰省時にかしこくPayPayボーナスをためる方法

paypay-travel-methodPayPay

これから年末年始に帰省や旅行を予定している方はPayPay使っていますか。

今回は、移動費や宿泊費などになるべくPayPayボーナスを還元させる方法を紹介しますので、これから帰省や旅行を考えている方は試してみてください。

ちなみに、数あるポイントの中で私がPayPayボーナスにこだわる理由は、PayPayにはボーナス運用というサービスがあり、少額のPayPayボーナスでも、投資ができるからです。

旅行や帰省の費用の支払いでPayPayボーナスを付与させるには?

必要な主な費用項目はざっくり下記のとおりです。

  • 宿泊費
  • 移動費
  • 食事代
  • お土産代

宿泊費

宿泊費は「Yahoo!トラベル」で宿泊予約を行えば高い還元率で還元を受けることができます。Yahoo!プレミアム会員の場合、いつでも最低4%分のPayPayボーナスがかえってくるためお得です。

〇Yahoo!トラベルで宿泊予約したPayPayボーナス還元の例

  • プラン名:大分県の杉乃井ホテル「新春!1月&2月のお日にち限定/本館宿泊のバイキング会場おまかせプラン」
  • 宿泊人数:大人2人
  • 宿泊料金:21,600円(税込み)
  • 還元ポイント:PayPayボーナス864円相当、Tポイント432円相当※

※Tポイント→通常還元ポイント(1~2%) PayPayボーナス→Yahoo!プレミアム会員特典(4%)

Yahoo!トラベルは、0~40%の範囲でプラン限定の還元率を追加で設けているホテルも多いです。よって、Yahoo!プレミアム会員でなくても、PayPayボーナスをためたい場合はYahoo!トラベルが本当におすすめです。

移動費

大和ネクスト銀行が2019年に行った国内旅行に関する調査によると、日本人の好きな移動手段の順位は、

  1. 車 (自家用車・レンタカー) →39.5%
  2. 電車・鉄道 (在来線・新幹線) →34.1%
  3. 飛行機→20.5%
  4. その他→5.9%

となり、車と電車の割合が半分以上を占めるという結果になっています。これは、移動費はPayPayボーナスの還元を受けにくい結果であると言えます。

車の場合

車の移動費はガソリン代ですが、数あるガソリンスタンドの中でPayPay決済ができるのは令和3年12月時点で「JA-SS」のみです。その他のガソリンスタンドでPayPayボーナスの還元を受けるためには、「PayPayカード」で支払うしかありません。

電車の場合

令和3年12月時点でJRはPayPay決済を導入していません。よって、こちらも、PayPayカードでの支払い以外は、PayPayボーナスの還元を受けることは難しいでしょう。

クレカで切符を購入する場合は、基本的にみどりの窓口やインターネットでの購入となります、

飛行機の場合

好きな移動手段が飛行機の人の割合は上の二つに比べて大幅に下がります。個人的にも、車や電車よりも大幅に経費が跳ね上がるため、飛行機を使わないで済むならその方が良いと思います。

ただし、飛行機の場合は、Yahoo!トラベルの「ヤフーパック」というサービスを使えば、Yahoo!プレミアム会員に限り、PayPayボーナスの還元を受けることができます(会員でない場合は、基礎分のTポイントのみの還元となります)。

ヤフーパックとは?

ヤフーパックは、豊富な宿泊施設と航空券を自由に組み合わせてのオリジナルパッケージツアーを作ることができるサービスです。

下記のように、条件を指定して検索すると、航空券と宿泊施設の予約が同時にできます。

上記の条件で検索した結果、例えば、一番上に表示されたプランで予約をすると、7,760円相当(19万4千円の4%)のPayPayボーナスが還元されます⇩

食事代・お土産代

食事代とお土産代は、お店がPayPay決済を導入していれば、PayPayアプリの還元率でPayPayボーナスを受け取ることができます。

PayPayアプリには、位置情報を取得してPayPay決済を導入しているお店を調べることができるので、お店選びの際には、是非、利用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました