YouTubeでお料理動画配信中!

【設備重視?快適度重視?】リモートワークは目的に応じて場所を選びましょう

remort-workライフスタイル

あなたの会社はリモートワークに移行していますか?

自宅で作業ってなかなか集中できませんよね。家庭持ちの方は自宅での作業はかなり大変だと思います。

社会人になって間もない独身の方でも、自宅の労働環境が整ってないですよね。入社したと思ったら、急にリモートワークで効率よく仕事できず、ストレスになっている方も多いでしょう。

今回は、そんな方のために、設備・快適面・コスト面の観点からおすすめの作業スペースを紹介します。

本記事を参考にすれば、あなたの目的に応じたリモートワーク環境が整っている場所を知ることができます。

☑仕事でアイデアを出したい人

☑ひたすら集中して黙々と作業したい人

☑自宅で仕事に集中できない人

このような方は、是非、参考にしてください。

リモートワークの場所選びのポイント

どんな仕事をしているのかで、最適な場所は変わります。

当然ですが、業界や仕事の性質によって、最適な場所は変わります。

ネット環境は必要?

コピー機はあるのか?

事前契約なしで臨時的に使える?

休憩スぺースはある?

・Web会議はできる?

個人的に重視したいポイントをあげてみました⇧

どうですか?あなたの仕事で必要だと思う項目を考えてみてください。

特に、今まで会社のオフィスで仕事していた方がリモートワークに移行する場合は、当たり前だと思っていた機材が無いこともあるため、しっかり調べるようにしましょう。

目的別リモートワークに適した作業スペース

現時点でリモートワークができる場所を大きく分けると、

☑設備重視タイプ

☑快適さ・個人スペース重視タイプ

☑気軽さ・コスパ重視タイプ

の3つのタイプに分かれます。

設備を重視したい方

①コワーキングスペース

  • ネット環境:有
  • コピー機:有
  • 利用料金:1日あたりおよそ2000円
  • 個室:無い場所の方が多い

仕事に使う設備を重要視する方に最もおすすめなのが、コワーキングスペース(シェアオフィス)です。

コワーキングスペースは、Wi-Fiや電源、コピー機、机、椅子など、仕事に必要なものはすべてそろっています。

たむ
たむ

文書をたくさん扱う仕事の方でも安心です。利用料金も1日およそ2,000円とそこまで高くありません。

ただし、個室がある場所が少数で、周囲を気にしたり、Web会議をしたい方にとっては向かないでしょう。基本的には誰でも使える共用スペースのため、情報漏洩リスクにも気を配る必要があります。

②サテライトオフィス

  • ネット環境:有
  • コピー機:有
  • 利用料金:企業の従業員であれば無料
  • 個室:無い場所の方が多い

サテライトオフィスとは、企業の従業員が会社まで行かなくても、通常どおり仕事ができるように、地方や郊外に設けられたオフィスです。

サテライトオフィスの魅力は、企業の従業員は費用をかけずに利用できる点です。自宅で仕事をするよりもはるかに仕事が捗るため積極的に活用しましょう。

たむ
たむ

ただし、会社の従業員しか使えないため、ノマドワーカーやサテライトオフィスを持たない企業に属する方は参考にならないかもしれません。

快適度・個人スペースを重視したい方

①マンスリーマンション

  • ネット環境:有
  • コピー機:無
  • 利用料金:1日あたり2,000円~15,000円
  • 個室:有

快適度や誰もいない場所で仕事がしたい方は、マンスリーマンションが最もおすすめです。個人で使用するため、情報漏洩リスクの心配もありません。

たむ
たむ

アイデアを出したいときなんかには、リラックス環境は必須のため、打ってつけの場所です。

もちろん、インターネット環境も整っているため、パソコンやスマホの使用に支障はありません。それどころか、最近は高速回線を導入している場所も増えています。

ただし、事前契約が必要になるため、臨時的に使いたい方や思い立ったときにすぐに使いたい方にとっては不向きです。

費用も他の作業スペース比べたら高いため、頻繁に利用することも難しいです。また、ベッド等の誘惑も多いため、がっつり作業を進めたい方にとっても不向きでしょう。

②ビジネスホテル

  • ネット環境:有
  • コピー機:無
  • 利用料金:日帰りプランで約5,000円
  • 個室:有

ビジネスホテルも快適度を重要視する方にはおすすめです。

昨今のリモートワーク推進の影響を受け、日帰りプランといった、宿泊が目的でない人のための使用も認めている場所が増えてきました。

たむ
たむ

もちろん日帰りプランで予約してリモートワークのために使っても良いです。

ビジネスホテルは街中であれば、どこにでもたくさんあるため、事前に予約は必要ですが、マンスリーマンションと比較すると簡単に利用することができるでしょう。

ただし、やはり、本来はリモートワークの使用が目的ではないため、通信環境が悪くネットがスムーズに使えない場合も珍しくありません。机も狭い場所が

ネット環境が悪いのは致命的なので、事前にそのビジネスホテルの口コミなどをチェックして予約するようにしましょう。

気軽さ・コスパを重視したい方

カフェ

  • ネット環境:有
  • コピー機:無
  • 利用料金:コーヒー代等
  • 個室:無

コスト・気軽さの面から最もおすすめしたいのがカフェや喫茶店です。

多くのカフェは電源があり、Wi-Fiも完備されています。そのため、コーヒー一杯で場所を確保でき、パソコンやスマホを使って仕事ができるのは魅力的です。

たむ
たむ

もちろん、どこでも作業をしてもいいわけではありませんが、電源、Wi-Fi設備が整っている場所なら問題ないと考えて良いでしょう。

ただし、カフェは静かな環境は保証されないため、周囲の声が気になる方は不向きでしょう。

また、本来、カフェは食事をする場所です。長時間滞在する場合は、きちんとメニューを注文することも気を付けるべきポイントです。

一人暮らしならリモートワークに特化した場所に引っ越すのも一つの手

本記事をご覧担っている方でも、できることなら自宅で集中して効率よく仕事がしたいですよね。

実は、リモートワーク用に完備されたホテルや個人スペースを宿泊日数に応じて月単位で契約できる株式会社株式会社unitoが提供する「リレント」というサービスがあります。

今なら、初月の家賃が月額料金の40%オフ大変お得なので、興味がある方は、是非活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました