【リスクが最も少ない副業?】せどりのメリットや始め方を徹底解説!

副業はしたいけど、何を選ぶか迷っている方も多いのではないでしょうか?

もし、なるべくリスクを取らずに、ある程度稼ぎたいという場合はせどりが最もおすすめです。

(なるべくリスクを取らずにというのは、お金だけでなく、時間もなるべく無駄にならないという意味です)

せどりには、リスクや稼ぎやすさの面で、他の副業にないメリットがあります。

本記事では、せどりのメリットやデメリット、始め方について紹介します。

せどりの概要(稼ぎ方や違法性など)

せどりってどうやって稼ぐの?

せどりは、仕入れた商品を仕入れ額よりも高い値段で販売し、その差額を利益とするといった、非常にシンプルなビジネスです。

現代は、多くのビジネスモデルがあり、稼ぎ方が複雑化していますが、せどりはビジネスで最も基本の稼ぎ方と言えるでしょう。

初心者がせどりをする場合、メルカリやアマゾンが代表的な販路となります。仕入先は、小売店やインターネットの通販サイトになるでしょう。

せどりって違法性はないの?

結論から言うと、せどりや転売を行うこと自体に違法性はありません。

そもそも、身近にある小売店も卸業者から商品を仕入れて、消費者に販売していますよね。

卸業者もメーカーが製造した商品を仕入れて、販売していますよね。

せどりが違法であれば、小売店も卸業者も商売ができなくなってしまいます。

ただし、法律の規制を破った場合は、当然、違法行為となります。これはビジネス全般に言えることです。

せどりの場合、主に次のような行為は法律で規制されています。

  • 希少性の高いプレミアチケットを買い占め、高額で販売
  • 偽造品や盗品を販売
  • 中古品、酒、タバコなど、販売許可が必要なものを無許可で販売

また、商品コーナーの陳列を荒らして直さないなど、モラルやマナーを守らない人が一定数いることも、悪いイメージにつながる原因になっているでしょう。

せどらーのほとんどは、ルールを守ってやっています。

一部の不勉強な人がメディアに取り上げられ、せどりそのものが良くないビジネスだという印象が生まれてしまっているのです。

他の副業にはないせどりのメリット

売るものを「作る」時間が不要

せどりは「いかに良いものを作るか」ではなく「いかに利益商品を見つけるか」で戦うビジネスです。

副業の多くは、収益を生むために何かを作らなければなりません。

各副業でつくるもの
  • ブロガー・アフィリエイター → 記事
  • プログラマー → システム、アプリ、HP など
  • Webデザイナー → イラスト、HP 等
  • ユーチューバー → 動画
  • 動画編集者 → 動画(加工・編集)
  • せどらー → 特になし

作るところから始めるビジネスは、単純に稼ぐまでの時間が長いです。

また、作っているものが収益にならなければ、経験にはなっても、どうしても時間を無駄にしてしまったと感じますよね。

作るところから始めなくてもいいせどりは、他の副業に比べると本当に魅力的な副業と言えます。

稼ぐだけなら他の副業よりも楽

初心者でも、月に1万円~5万円程度なら、他の副業よりは達成しやすい金額であると断言できます。

先述のとおり、せどらーは「良いものを作るか」ではなく「いかに利益商品を見つけるか」で戦います。

利益商品は市場にあふれているため、見つけることは決して難しくありません。

利益商品とは
  • セール商品 → 店の都合であえて安く売られている商品
  • プレミア商品 → 定価より高い価格でも消費者が欲しがるような商品

セール商品の中には、定価では売れないという理由で値下げをしているケースもあるでしょう。

しかし、決算セールのように、値段を下げて早く売ってしまいたい商品もあり、その中には定価以上で売れるものもたくさんあります。

また、プレミア商品も必ず生まれます。その理由は、売り手は、買い手にとっての本当の商品価値を把握することができないからです。

確かに、初心者のうちから、熟練せどらーの目をかいくぐって、バンバン利益商品を見つけることは難しいでしょう。

しかし、ライバルの数よりも、商品の方が増えるスピードが圧倒的に早いため、初心者でも利益商品を見つけること自体は難しくないのです。

リサーチがしっかりできれば、とりあえずリスクはほぼゼロ

せどりは、リサーチがしっかりできれば、リスクがほぼゼロの副業と言っても過言ではありません。

リサーチができれば、自分がこれから売ろうとしているものの価値を絶えず知ることができるからです。

例えば、執筆中の記事や制作しているアプリが、どれくらいの価値なのかは、収益という数字になるまで分かりませんよね。

  • 1万円の価値があると思って、実は100円の記事を量産していた
  • このアプリは月額3000円で提供しようと思っていたけど、1000円じゃないと利用者が増えない

多くの副業は利益の見込みを立てるのが難しいです。もし、コストが回収できなければ、赤字になるうえ、時間も無駄になってしまいますよね。

しかし、せどりの場合、すでに世の中で売れている商品を仕入れるため、リサーチツールさえあれば、商品価値をいつでも知ることができます。

つまり、利益の見込みが立てやすく、利益にならない商品の仕入を回避できるというわけです。

仮に、仕入れ後に価値が下がっても、下落した後の価格も知ることができ、リスクを最小限に抑えることができます。

他の副業と比べた時のせどりのデメリット

副業として続けていくだけなら、デメリットはほぼないです。つまり、副業でやるならせどりが最強です。

ただし、副業を本業にすることを考えているなど、大きな収益を生む必要がある場合は、デメリットもあります。

大きな収益を出すためには、作業量が膨大になる

せどりはやればやるほど、収益は増えます。しかしこれは、大きな収益を生むためには、相当な作業量が必要であるということの裏返しでもあります。

ブログやプログラミングは、一度読まれる記事や売れるアプリを作ってしまえば、後は改良する程度で、「収益になるもの」が消えるわけではないですよね。

しかし、せどりの場合は、商品が売れてしまうと、手元から「収益となるもの」が消えてしまうため、常に利益商品を見つけて仕入れる必要があります。

一度せどりを経験すると分かりますが、リサーチ、仕入れ、出品、梱包、発送の一連の流れは、結構、面倒です。

せどりを本業にするなら、仕入れから販売までをマニュアル化し、誰かに給料を払って手伝ってもらうなど、ある程度の仕組み化は必要になるでしょう。

副業の中では固定費が高め

アマゾンで出品する場合は5400円程度の月額会費がかかってきます。

しかし、初心者がせどりをする場合、販路はアマゾン一択だと思います(理由は後ほど解説)。

これに加えて、リサーチツールの費用やガソリン代等も合わせると、1万円くらいは固定費として必要になるでしょう・

どの副業でも多少の固定費はかかりますが、せどりは少し高い印象です。

しかし、ビジネスを行うという意味では、1万円は安いです。

また、メリットでもお伝えしたように、月1万円から5万円くらいを稼ぐだけなら、そこまで難しくないため、回収することは全然できます。

せどりに対する世間の認識があまり良くない

せどりが違法行為ではないことは先述のとおりです。

しかし、どうしてもせどりに対する「良くない」という認識の人も一定数います。

もちろん、せどりは立派なビジネスのため、堂々とやって問題ありませんが、周りの目を気にする人にとっては、デメリットになるでしょう。

「周りを気にしたらビジネスなんてできない!」と割り切ることが大事です。お金を稼ぐこと自体を良くないと思っている人も世の中にはいるのですから。

せどりの始め方

せどりの始め方は、出品するサイトによって異なります。

ただし、初心者がせどりを始める場合、アマゾン一択だと思います。

その理由は、多くのリサーチツールは、アマゾンのデータで構成されており、アマゾン以外を販路とする場合は、自分なりのリサーチ方法を見つける必要が出てきてしまうからです。

よって、アマゾンでせどりをするという前提で始め方を紹介します。

せどりを始め方
  1. 必要なものを準備する
  2. アマゾンセラーアカウントを作成する
  3. リサーチツールを導入し、商品のリサーチをして仕入れる
  4. 出品する

必要なものを準備する

せどりを始める際に準備するものは以下のとおりです。

  • パソコン:Amazonに商品を出品したり、ネット通販で仕入れる商品を探すのに必要
  • スマホ:店先で商品をリサーチするのに必要
  • クレジットカード:仕入れ代金の支払いに必要
  • プリンター:販売する商品の納品書や商品ラベルを印刷するのに必要
  • 梱包資材:発送する商品を梱包するのに必要

パソコンは必須です。持っていない場合、安いものでも良いので必ず用意しましょう。

スマホは、店舗で仕入れをする場合は必要です。ネット通販のみの仕入れの場合、なくてもできますが、固定電話があるという前提です(電話番号はアカウントの作成に必要)。

クレジットカードは、必須とまでは言い切れないですが、あれば支払いに1ヶ月余裕ができます。特に手元に資金が少ない場合は用意した方が良いでしょう。

Amazonの場合、納品書、商品ラベル、輸送ラベルが発送の際に必要になるため、プリンターも必要です。

梱包資材とは、段ボールやプチプチのように、商品を発送する際に必要になるものです。

アマゾンセラーのアカウントを作成する

せどり初心者の場合、少しハードルが高いと感じるかもしれませんが、出品サービスはアマゾンセラーを選びましょう。

アカウントの作成には下記の手順をふみます。

  1. アマゾンセラーセントラルのページで新規登録の手続きを開始する
  2. 大口出品か小口出品を選択する
  3. アカウントにクレジットカードを登録する
  4. 身分証明書と過去180日以内に発行された取引明細書を提出
  5. 本人確認の面談を受ける
  6. 審査の後、出品開始

アマゾンセラーセントラルのページから、指示に従っていけば誰でもできますが、分かりにくい部分があるとすれば、4の取引明細書の提出かと思います。

提出を求めらる取引明細書は以下のいずれかです。

  • クレジットカードの利用明細書
  • インターネットバンキング取引明細
  • 預金通帳

アマゾンセラーで登録するアカウント情報と一致しているかを確認するためのものなので、どの金融機関のものでも大丈夫です。

リサーチツールを導入し、商品のリサーチをして仕入れる

リサーチツールはkeepaがおすすめです。

keepaは月額15ユーロ(約2000円)で、商品の価格や売れ行きを調べたり、検索条件を設定して、利益商品を見つけたりすることができます。

店舗で仕入を行う場合は、値下げされている商品のバーコードをスマホで読み取って、アマゾン価格やアマゾンでの売れ行き、出品者数などを調べることができます。

ここで利益になると判断すれば、仕入れます。

また、検索条件を設定して利益商品を見つけることもできるため、あらかじめ利益商品をリサーチしてから、いろんなお店や通販サイトで探して仕入れるといった手法もとることができます。

アマゾン価格が上がって間もないときは、他の通販サイトではまだ価格が安いままのこともあり、結構すぐに探せたりもします。

出品する

商品を仕入れたら、アマゾンセラーで商品登録をします。

出品方法は、「自己出品」と「アマゾン倉庫に納品する」という2通りの方法があります。

  • 自己出品→自分で商品を直接購入者に配送する
  • アマゾン倉庫に納品して出品→アマゾン倉庫に商品をまとめて納品して、購入者への配送はアマゾンが行う

Profile
この記事を書いた人

幼い頃から、深く考え込んでしまう性格で、大人になった今でも生きずらさを感じていました。「HSP」という気質を知ってから、自分と当てはまる部分が多いと知り、HSPとの上手な共生方法を模索して実践しています。試してよかったことなどを中心に、本サイトで共有します。

たむをフォローする
副業未分類
この記事をシェアする
たむをフォローする
Indoor Life

記事への感想をお寄せください

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました