【生きづらさを感じていませんか?】自己肯定感を高める小さな習慣を身に着けよう!

HSP

自己肯定感を高めるための小さな習慣

それでは、自己肯定感を高めるために、今から誰でもできるものを小出しにしてご紹介しますので、習慣化を心がけてみてください。

一日の終わりに、今日の成長を振り返る

どんなに小さなことでもいいので、その日に成長したなと思えることを紙でもタブレットでもいいので記録しておきましょう。

自分の成長を見える化しておくことで、自信がつき、自己を受け入れやすくなります。

これを習慣化できれば、自己受容感、自己効力感、自己信頼感が高まります。

運動(筋トレ、ランニングその他スポーツ等)

運動が苦手な人は、ストレッチでもいいです。体を動かすことは脳を活性化させ、体形も引き締めることができるため、はつらつとした印象になります。個人的に、自分を好きになれない人に一番お勧めしたいのは、体形の変化が見えやすい筋トレです。

また、運動は朝すると、その日の集中力が持続するようになります。夕方などの空腹時にすると、より体に負荷をかけることができ、運動の効果を高めることができます。

運動を習慣化できれば、自己受容感、自己効力感が大幅に高まります。

前日の夜に、翌日のやることリストを作成する

次の日にやりたいことを、前日の夜にあらかじめリストとして作成しておきます。

注意点としては、

・あまり難しいことは書かないようにすること

・たとえ次の日にできなかったとしても、自分を責めないことです

の2点です。自分を責めると、自己受容感が低下してしまいますからね。

やることリストを作成し行動をすることで、自分で決めたことを、少しずつ成し遂げていくという経験を積み重ねることができます。一種の成功体験を味わうことができるのです。また、自分でやると決めたことを実行すると自分への信頼も高まります。

これにより、自己決定感、自己効力感、自己信頼感を高めることができます。

今まで自分と出会ってきた人を振り返り感謝する

これは、過去を振り返る必要があるため、自己肯定感を高めるうえで問題があると思う方は控えてください!

今の自分は、過去に出会ってきた人に影響を受けて形成されています。家族、教師、友達、恋人、その他、非常に多くの人に影響を受けて、今の自分があるのです。

今の自分を自分たらしめてくれた多くの人に、心の中で感謝しましょう。紙に感謝の気持ちを書くのも効果的です。もちろん、連絡先が分かれば、当時の感謝を伝えてみましょう。感謝されて嬉しくない人はいません!必ず喜んでくれるはずです!!

過去に影響を受けた人に感謝することで、自分はかけがえのない存在であると再認識できるとともに、今の自分を受け入れる勇気が芽生えます。

これにより、自己受容感、自己有用感が高まります。

うまくいっていた頃、よく行っていた場所に行ったり、よく聞いていた音楽を聴く

今までの人生の中で、昔はうまくいっていたのに、なぜか調子がおかしくなったという人にお勧めの方法です。うまくいっていた頃は、自信に満ち溢れていたのではないでしょうか?

その頃の自分を思い出すために、五感を刺激するのです。うまくいっていた頃を思い出すことによって、「自分は本当はやればできるんだ!」と肌で実感することができるはずです。

これにより、自己受容感、自己効力感を高めることができます。

自己肯定感さらに芽生えさせるために

自己肯定感を高める秘訣は、自己受容感から高めることです。周りの視線や評価を気にすることが、自己肯定感を高めるうえで、一番の支障となるからです。自分に自信を持つためには、まずは今の自分がどうであれ、今まで生きてきた自分を無条件で認めてあげてください。

自己肯定感について、さらに詳しく知りたいという方は、本記事の参考にもした『何があっても「大丈夫。」と思えるようになる自己肯定感の教科書』(中島輝 著)を読んでみてください。

『何があっても「大丈夫。」と思えるようになる自己肯定感の教科書』のページへ

この本には、自己肯定感のについての詳細や、自分の今の自己肯定感の状態、自己肯定感の短期的、長期的な高め方についてかなり詳しく書かれています。必ず、今の人生を変える後押しとなる一冊になると思います。

人生がうまく進まないと感じる多くのみなさんは、自己肯定感について学び、そして本当の自分に出会い、自分の人生を切りらいていきましょう!

Profile
この記事を書いた人

幼い頃から、深く考え込んでしまう性格で、大人になった今でも生きずらさを感じていました。「HSP」という気質を知ってから、自分と当てはまる部分が多いと知り、HSPとの上手な共生方法を模索して実践しています。試してよかったことなどを中心に、本サイトで共有します。

たむをフォローする
HSP
この記事をシェアする
たむをフォローする
Indoor Life

記事への感想をお寄せください

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました