【ストレス解消効果があるCBDとは?】CBDであなたの生活は細胞レベルで激変する!

cbd-charm-pointCBD
  • 仕事や子育てに疲れ切っていませんか?
  • 睡眠はしっかりとれていますか?

今の社会は、仕事や生活レベルの悩みを抱える人が多く、日々の生活に疲れ果ててしまったり、なかなか眠れなくなってしまうような人も多いですよね。

今回紹介するCBD(カンナビジオール)は、そのような悩みを抱えている人たちの救世主になります。

少しでも、今のストレスフルな現状を変えてみたい方は、是非、本記事を最後まで読んでみてください。

CBDについて

CBDとは

CBD(カンナビジオール)とは、大麻草やヘンプに含まれるカンナビノイドという成分の一種です。

CBDには、生活で疲労を抱えやすい現代人にとって嬉しい効果があります。

CBDの嬉しい効果
  • ストレスの緩和
  • 気分を落ち着かせる
  • 睡眠の質を上げる
  • アンチエイジング、美肌効果(抗酸化作用)

さらに詳しい効果は後述しますが、様々な疾患の症状に効くことが分かっており、ますます注目されています。

CBD製品には、CBDリキッド(蒸気摂取型)、CBDオイル(舌下摂取型)、CBDグミ(経口摂取型)、CBDクリーム(皮膚摂取型)などがあり、自分にあった方法で取り入れることができます。

個人的には、初心者が最も試しやすく効果が期待できるのはCBDオイルだと思います。

私が最初に使ったCBDオイルブランドの公式ページ>> hemptouch

CBDの違法性と安全性について

大麻と聞いて、安全性や違法性が心配な人もいると思いますが、CBDの安全性については、WHOも認めているため、問題はないと考えて大丈夫です。

また、大麻草が違法と言われるのは、厳密には大麻草に含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分です。THCには多幸感を生む陶酔作用があり、日本では禁止されています。

(安全性や違法性についてさらに詳細を知りたい方は下記を参考にしてください。)

CBDの効果

CBDの効果
  • 抗けいれん作用:けいれん発作に効果
  • 抗精神障害作用:精神疾患(統合失調症、てんかんなど)に効果
  • 抗炎症作用:炎症性疾患に効果
  • 抗酸化作用:神経変性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病など)や老化防止に効果
  • 抗がん作用:がん細胞に効果
  • 精神安定作用:不安症、うつ病に効果

参照:Eileen Konieczny,Lauren Wilson『CBDのすべて: 健康とウェルビーイングのための医療大麻ガイド(2019)

比較的新しい成分のため、まだ未解明要素の多いCBDですが、現時点でこれだけ多くの効果が期待できると言われていいます。なかには、現代医療でも完治が難しい病気もありますよね。

上記の中でも、現代人の多くが直面する不安症やうつ病にも予防効果があるというのは、注目すべき点です。

また、老化の原因となるフリーラジカルを抑える抗酸化作用もあり、アンチエイジングを行っている人にも嬉しい効果が期待されています。

CBDの効果の仕組み

CBDによりECS(エンドカンナビノイドシステム)が改善される

ECS(エンドカンナビノイドシステム)とは、もともと人に備わっている恒常性を保つ仕組みです。

恒常性とは

外の環境の変動に関わらず、体内環境を一定に保つ仕組みのことで、恒常性がしっかり働いていれば、体外からの肉体的・精神的ストレスを受けても、体内環境のバランスを保ち健康を維持することができます。

ECSは本来、人体にあるECS受容体と内因性カンナビノイドが結合することで働きます。しかし、人体で生成される内因性カンナビノイドは年齢とともに減少し、ECS欠乏症という状態に陥ってしまいます。

ここで救世主となるのが、CBDです。CBDもECS受容体と結合し、ECSの機能を改善する作用があります。

また、内因性カンナビノイドは体で分解されるのに対して、CBDは分解されないため、これがカンナビノイドトーンを高めることにつながり、ECSの機能をより高めることができるのです。

CBDによりセロトニンの利用率が増加する

CBDにはセロトニンの利用率を増加させる働きがあることも、最近の研究で分かってきました。

セロトニンとは

セロトニンとは、別名「幸せホルモン」と呼ばれる神経伝達物質で、主に消化器官である腸から分泌されます。精神安定剤と非常によく似た分子構造をしており、ストレス緩和の働きがあります。

CBDは脳にある「セロトニン5HT1A受容体」と結合し、脳内のセロトニン利用率を増加させます。結果的に、ストレスの緩和や不安感の低減につながります。

CBDを購入する際の注意点

ただし、CBDは比較的新しい成分で、研究や法整備が追い付いていないのが現状です。そのため、下記のことをしっかり守ったうえで購入することをオススメします。

メーカー(ブランド)のホームページは存在するかを確認

信頼できるCBD製品か否かの判断基準として、メーカーの公式ホームページが存在しているかを確認しましょう。

ホームページの要チェック項目

・原料となる大麻草又はヘンプの栽培地や製品の生産国はどこか
・品質管理などで公的機関の認証を受けているか
・価格は安すぎないか

公式のホームページがない場合は、製品を扱うメーカーの品質管理や原料の生産地が分からないので基本的には購入しないようにしましょう。

アマゾンや楽天といった通販サイトの商品ページのみ存在すると言う場合も、個人的にはオススメしませんが、上記項目が確認できればひとまず購入対象にしてもいいと思います。

製品ラベル(ネットの場合商品ページ)の記載を基に、CBD量と価格を照合すること

CBD濃度が高いのに安価の場合、CBDを謳っていて実は別の成分しか入っていないという、いわゆる類似商品の可能性があります。

そのような商品は通販サイトで多く、「CBD」と検索したにもかかわらず上位にヒットします(おそらく価格が安いためでしょう)。

必ず、「CBD〇%」の表示や、商品説明欄に「CBD」とはっきり明記しているものを選ぶようにしましょう。

私が使ったCBDオイルの感想は以下から

私が初めて使用したヘンプタッチのCBDオイル

外部からの肉体的・精神的ストレスは、日々の疲労・老化・精神疾患を助長し、生活、さらには人生の質を大幅に下げてしまいます。

しかし、CBDを定期的に摂取することにより、ストレスに適応する体を作ることができます。体が細胞レベルで改善されるため、生活や仕事のパフォーマンスを大幅にアップさせることができるでしょう。

どのCBDから試して良いか分からない方のために、私が使ったのCBDオイルの感想を下記の記事にまとめています。興味がある方は是非、一度目をとおしてみてください。

Profile
この記事を書いた人
たむ

幼い頃から、深く考え込んでしまう性格で、大人になった今でも生きずらさを感じていました。「HSP」という気質を知ってから、自分と当てはまる部分が多いと知り、HSPとの上手な共生方法を模索して実践しています。試してよかったことなどを中心に、本サイトで共有します。

たむをフォローする
CBD
この記事をシェアする
たむをフォローする
Indoor Life

記事への感想をお寄せください

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました